ゴールデンウィーク明けに予約を入れよう!湯布院のお宿


【やわらぎの郷-やどや】完全バリアフリーな旅館



写真提供:じゃらん

湯布院の湯の坪通りから少し離れたところにある、素泊まりシステムのユニバーサルデザインホテル「やわらぎの郷-やどや」。

「やわらぎの郷-やどや」は、過剰なサービスや備品を省略し、宿泊料金を抑えることで客に還元する、「何もしないのがサービス」がモットーのホテルだ。
また、大分県で初めてのハートビル法に基づく完全バリアフリーで、宿泊施設として大分県で唯一、「おおいた・福のまちづくり賞」を受賞し、お年寄りから体の不自由な方まですべての人に優しいユニバーサルデザインのホテルとして「シルバースター登録制度」に認定されている。

■ホテル「やわらぎの郷-やどや」の部屋
ユニバーサルデザインホテルとして認められているだけに、全館バリアフリーの設計で高齢者や身体障害者の方には嬉しいつくりとなっている。
また、素泊まりがベースなホテルのため、布団の上げ下げはセルフサービスとなっている。

■ホテル「やわらぎの郷-やどや」の温泉
バリアフリーを徹底しているホテルだけに、風呂にもその心配りがなされており、家族風呂に車椅子対応のものも。
温泉はもちろん源泉掛け流しの湯となっている。
日帰りでの利用も可能となっているので、立ち寄り湯としても利用したいところだ。

■ホテル「やわらぎの郷-やどや」の食事
素泊まりの宿であるため、夕食があらかじめサービスに入っているわけではないが(夕食付きのプランもある)、「やわらぎの郷-やどや」に併設されている「ぶんご亭」にて他の旅館とひけとらない程の料理を楽しむことが出来る。
また、足湯につかりながら食事をすることも出来るなんとも温泉地らしい趣向をこらした席も用意されている。

⇒その他の写真や詳細はこちら






この記事へのトラックバック
Clicky Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。