ゴールデンウィーク明けに予約を入れよう!湯布院のお宿


【由布院 玉の湯】3000坪に離れが15棟


玉の湯
写真提供:JTB

大分の湯布院湯の坪街道から程近く、木立の中の段差のないアプローチを上がっていくとそこには湯布院の中でもその名を知られているお宿「玉の湯」がある。
この宿には雑木林に囲まれた庭園の中に15棟の離れ家が点在している。そこは3000坪にもおよぶ広さだ。
部屋は木造平家建ての離れが中心で、すべての部屋には木風呂の温泉がついており、他人に気を使わず24時間ゆったり温泉を楽しむことが出来る。
また、各部屋にはテラスが設置されており、対面に自然をかんじながらの時間はとても贅沢にかんじる。昼下がりのプライベートタイムに利用してみてはいかがだろうか。
風呂は、各部屋ごとの木風呂とは別に、大浴場、露天風呂もあり、木々に囲まれ、雑木林の間から由布岳を望むことも可能だ。

そしてなんといっても料理。
メイン料理に和牛の炭火焼き、鍋物(スッポンまたは豊のしゃも)など、その日の気分でチェックインの時に決めれるようだ。部屋出し、食事処「葡萄屋」、会食場と食事をする場所まで選択出来るサービス付きと、すきのないおもてなしに頭が下がる思いだ。

特筆すべきは、チェックイン/アウト。「玉の湯」では、チェックインは午後1時から、チェックアウトは午後0時となっており。あわただしさから遠く離れ、心ゆくまでゆったりとした時間が過ごすことが出来るだろう。

余談だが、旅館「玉の湯」にNicol's Barとうティールーム・が併設されているのだが、そこで出されるアップルパイが、旅行者の間では評判がよい。こういったあまり表にはでずに噂が噂をよんで広がる口コミというのは、どんな情報雑誌よりも信頼できるというものだ。

⇒その他の写真や詳細はこちらから



この記事へのトラックバック
Clicky Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。