ゴールデンウィーク明けに予約を入れよう!湯布院のお宿


【Sabi亭 祥泉】侘び寂びの旅館



写真提供:じゃらん

大分の湯布院温泉にある、老舗旅館のような風格から「侘び寂び」をかんじさせるお宿「さび亭 祥泉」。
緑豊かな自然に囲まれており、また、町から少し離れたところにあるため、周りはとても静かだ。
部屋は全て離れの部屋となっており、すべての部屋に内風呂と露天風呂が設備されている。
もちろん温泉は源泉掛け流し。部屋から望む、露天風呂の湯けむりと日本庭園ならではの静けさが、癒しの世界へと誘ってくれるだろう。

料理は、季節に応じて料理長みずから厳選した器と地元の新鮮な食材を活かした、他では味わう事のできない創作料理となっている。

では、ここで「さび亭 祥泉」の宿主のメッセージを引用させていただこうと思う。

朝霧の町、湯布院を一望できる高台に位置する「SABI亭 祥泉」。
ラウンジ横のウッドテラスから見る“夕陽と夜景”そして秋から冬に
かけて湯布院の街を包み込む朝霧。

八つの客室を結ぶ、石を敷きつめた石畳の小路
足元の目をやれば、石と石の隙に生えている野草のみずみずしさ…
苔むした石の、さわやかさ…
自然の息づかいを感じる、小さな喜びの時を感じてほしいのです。

便利さも、華やかさも、そこには存在しませんが、忘れられた
潤いを“寂びの美”を思い出していただきたい湯宿です。


ほかの写真や詳細はこちらから








この記事へのトラックバック
Clicky Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。